自宅の押し入れに着物を保管しているなら!

着物は湿気のある場所に保管していると大変なことに…

あなたは着物をどこに保管していますか。
専用の着物ダンスの中という人もいれば、クローゼット収納の中に専用の桐箱を置いて入れているという人もいるでしょう。けれど、もし押し入れの中に入れているというのであれば注意が必要です。押し入れの中というのは大変湿気のこもりやすい場所です。たとえ1年に1回以上の虫干しを行っていたとしてもカビが生えないとは限りません。また、湿気はシミや虫の発生の原因になることもありますので、湿気の多い押し入れは着物の保管に適してないと言えるのです。
一旦、着物にできてしまったカビやシミの痕跡はクリーニングなどでも消すことはできません。対応策として金箔などで柄を足したり、濃い色に染め直したりということもできますが、とても費用がかかる処置のようです。

湿気の対策には量を減らすという選択もあります

では押し入れにしか着物を収納するスペースがないという場合にはどうしたらよいのでしょうか。
一番良いのは湿気がたまらないような対策を講じるということです。除湿剤を置く、たとう紙を頻繁に変える、置き型の桐箱を用意するなどいろいろな方法があります。
しかし、そのような方法を用いても着物の量が多い場合は対応しきれないという場合もあると思います。そこで湿気をコントロールする対応が難しければ、いっそ着物の量自体を減らしてみてはいかがでしょうか。量が減ることで風通しが良くなり保管の手間も減ります。
そして着物を減らす方法としては着物の買い取りサービスを利用してみましょう。状態が良いものであれば高額な査定額がつくこともありますから、カビなどで着物の価値が落ちてしまう前に検討してみることをおすすめします。